スポンサードリンク

2011年05月21日

TM瞑想とメディア現代とインド古来

TM瞑想がメディアで取上げられ話題になったのは
ビートルズも行ったいたということもあるでしょう。
彼らはヨガもしていたとか、インドに渡っていたと言う
いわば伝説な部分もありますし。

1957年、聖マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーにより
世界に紹介されたこの瞑想法はまたたくまに
人気になったと言うことです。


元々は、古来インドに伝わったと言う瞑想法。
オリエンタルなものとビートルズの欧米的な感覚の
マッチングはちょうど、現代のヨガブームに
インドの古来の伝統とニューヨークなどの新しい感覚の
融合と似ています。

サンスクリット語でヨーガとは、「統一」という意味。
誰にでも気軽に出来る言葉をを心の中で繰り返すだけ。
一回の瞑想は15分から20分と言います。
忙しい現代人にもあった、瞑想法であるんでしょうね。

スポンサードリンク
posted by MY at 16:56 | ろうそくの瞑想

2011年05月18日

やましたひでこさんの断捨離と瞑想

5165295595_2280f046fc_m.jpg

やましたひでこさんでブレークした断捨離。
彼女の独特の断捨離感覚が現代に受ける理由。


それはもののあふれた現代の歪みをとらえているからでしょう。
断捨離の目的は、「捨てること」ではなく、
「ごきげんに生きること」だとおっしゃっています。


いくら、瞑想しろと言っても、あまりに雑音の多い
今の世の中で、瞑想に打ち込めないのと同じです。


物があふれている現代、捨てろと言っても
それ自体は解決に至らないと思います。
捨てるのではなく、ごきげんに生きるために
自分を取り戻したり、時間軸を今に設定しようと
いうことです。



その結果として笑顔が増えたり、ちょっときれいになる
ことが出来るって素敵です。

スポンサードリンク
posted by MY at 01:35 | 断捨離

2011年05月03日

断捨離とは物への執着を捨てること

クローゼット.jpg

断捨離の提唱者、やましたひでこさんの
本を読んだり、お話を聞いてみました。
まとめてみますね。

■ 断 要らないものを断つ
  入り口を絞り込む

■ 捨 ガラクタを捨てる
  取り除いていきましょう

断と捨はアクションなんです。
それを繰り返すこと。
    ↓ 到達できる
■ 離 物への執着を捨てる

学生時代のヨガ道場で、学んだこと。
断食もそうだったそうです。
修行の世界ですよね。


その時は実践かなわず、だったそうです。
しかし、ある時期に、友人のヨガ教師との会話で、
日常で実践できたらいいなと、思い始めたとか。


「家の中の箪笥はいっぱい。」
執着の形がクローゼットにぶら下がっている
そう思ったのだそうです。


「断捨離」したら…
仕事の効率が上がったり、早起きが楽しくなる
素敵な偶然が増えて・・・
自分を好きになるのだそうです。

私なりの断捨離を見つけたいと思います。

スポンサードリンク
posted by MY at 16:19 | 断捨離

2011年05月01日

ヨガニドラという眠りの瞑想について

a0990_001221.jpg

ヨガニドラというのは、眠りの瞑想といわれています。
タントラからきたものだそうですが、究極の
意識的なくつろぎともいうべき秘儀なのでしょう。


人間はリラックスするということが、なかなか難しい。
「さあ、肩の力を抜いてリラックスしてくださいね。」と
言われると余計に力が肩に入ってしまいます。

『Yoga Nidra』

  Swami Satyananda Saraswati著
この本は英語ですが、中に書かれているのは
ヨガの究極のあり方なのかも知れません。


一生をかけて、本当のリラクゼーションと瞑想を
学ぶことがまさに、ヨガなのかも知れないですね。

Yoga Nidra

nidraとは『動的な睡眠状態』とも言うのでしょうか?
瞑想でついつい眠ってしまう私は、まだまだ、
これからしっかり学ばないといけません。

眠りのヨガ−CDかけて、あとは寝るだけ


スポンサードリンク
posted by MY at 13:09 | ヨガニドラ