スポンサードリンク

2012年02月26日

座禅と瞑想『地獄と極楽の話』

座禅についてわかりやすい本を探しました。

心と体を整える朝座禅 
       金獄宗信

住職でもある作者がわかりやすく座禅について
この本で語ってくれています。

画像 002.jpg

私は座禅は数回体験がありますが
どうにも胡坐や正座は苦手な部類。
あの正座の時のしびれはどうにかならないかと
思いましたが座布などでも工夫できます。


また、この座禅での瞑想は実にいろいろ
あるということを学ばせていただきました。
なぜ、しびれるかというと、身体ができていない。
身体が固いから胡坐が組めないというわけです。


そしたら足を組まずにできる椅子座禅などもあるといいます。
座禅は自分の生き方を見つめる時間になるそうです。
いい座禅をすると、表情まで変るといいます。


人間ってシンプルなのが一番なのではないかと
この本を読んで思いました。
白隠和尚の元をたずねた一人の武士が
「地獄と極楽がどこにあるか?」と聞いたそうです。


すると白隠は
「なさけない、地獄極楽とほざくのは腰抜け侍」
と一刀両断。


侍は烈火のごとくに腹をたて斬りつけようとする。
すると一言。
「それが地獄」
そして、刀をしまい納得しつつ微笑む彼に
「これが極楽」と言ったそうです。

すごいですよね。
かっこいいと思いました。




スポンサードリンク
タグ:瞑想 座禅
posted by MY at 14:20 | 座禅と瞑想

2011年10月02日

瞑想のできるお寺

瞑想を本格的に始めて、行ってて見たいのはお寺ですね。
やはり、密教の瞑想法。

阿字観瞑想法のように伝統的な瞑想もしてみたいです。
初心者でもできるといいますから思い切って
休みをとってみようかと思います。

夕陽と瞑想.jpg

瞑想をすると、どこでもできると言いますが
そのペースを作るのには修行が必要でしょう。
簡単な短い瞑想には慣れてきました。
今度は、お寺でチャレンジしよう。


天光寺というお寺では日帰りの瞑想も
コーディネートできるようです。
日頃ストレスを貯め鎧を着ている自分を
少し解放して本来の自分を探してみたい。
JR五日市線『武蔵五日市駅』天光寺本山。


京都にはまた、たくさんありますね。
最近クローズアップされているヴィパッサナー瞑想
ヴィパッサナー瞑想の合宿について
千葉と京都にあります。

スポンサードリンク
posted by MY at 17:14 | 座禅と瞑想